X線3Dプリンター

その他試験
Further Examinations

Crile Clamp/Dental Handpiece/Endoscope

ドイツSMPGmbH社が提供するその他の試験

バイオフィルム

緑膿菌バイオフィルムの培養およびバイオフィルムの不活化および除去手順の有効性の評価。

製造工程後の清浄度評価

インプラント等

R&D

洗浄剤の開発段階の試験、テストソイルの開発等

バイオフィルム

微生物は、適切な環境条件下で、医療機器上および医療機器内でコロニー形成および増殖する可能性があり、それらは粘液性のエキソポリサッカライド(EPS)を排出し、バイオフィルムを形成します。

微生物は、懸濁液中よりもバイオフィルム内の抗菌剤に対してはるかに耐性があります。バイオフィルムの除去には物理的プロセス(超音波や機械的洗浄など)が効果的ですが、実践するのは難しいため、化学的プロセスが主に使用されます。

化学的方法をテストするために、SMPはテフロンチューブ内で緑膿菌を使用して人工バイオフィルムを再現性よく成長させることで、洗浄剤や消毒剤は、微生物学的有効性を評価することができます。化学物質の微生物学的、定量的評価は、プレーティングによって重要な細菌細胞の数の減少を決定することによって実施します。

バイオフィルムが除去されたかは染色によって調べることができます。またバイオフィルムに結合した色素を抽出し、その抽出液の染料の量を光度計で定量測定します。これらによってバイオマス残量を評価することができます。これらは、DIN ISO / TS15883-5に準拠した緑膿菌の試験法として選択することが可能です。

製造工程後の清浄度評価

製造後の医療機器(インプラントなど)の洗浄プロセスの検査と評価は、とても重要です。現在までに適用されている方法は非特異的であり、検出された残留汚染物質の起源を特定できないか、技術的に要求が厳しく、サンプルの小さな部分の評価に限定されることがよくあります。

質量分析検査と組み合わせた真空誘起汚染物質の脱着により、特別な準備手順なしでサンプル全体を検査し、分子質量分析(分子シグネチャー)基づいて汚染物質を特定することもできます。生産材料の参照スペクトル(特徴的な波形)により、これらの物質を特定するためのデータベースを作成することができます。

さらに、そのような製造助剤または洗浄剤の技術的洗浄を評価するために、試験サンプル(特別に適用された薬剤で汚染された実際の製品)を製造することができます。

Treams GmbHと協力して、製造後の残留汚染について医療機器を検査できる測定方法が開発されました。

製造アセンブリ
研究室

R&D

​開発段階の医療機器や、医療機器の再生処理に必要な洗浄機、滅菌器、プロセスケミカル等の様々な機器の改善のための共同研究等も実施しております。